HR10_01
CLUB ANNIVERSARY HR10_02
HITACHINAKA ROTARY CLUB HR10_03
HR10_04
ひたちなかRCトップ
10周年記念式典トップ
10周年記念事業
10年の歩み
10周年記念式典
 
ひたちなかRC > 10周年記念式典TOP > 10周年記念式典 > ガバナー祝辞
 
国際ロータリー第2820地区
ガバナー  永井 靖彦
■ひたちなかロータリークラブ創立10周年を記念して
この度、ひたちなかロータリークラブが創立以来10年目を迎え、本日創立10周年記念式典を開催されますことを、心よりお慶びを申し上げます。
1994年11月、勝田ロータリークラブをスポンサークラブとして35名の創立会員で発足され、早くも10年の歳月が流れました。この間、貴クラブは地域社会のニーズを探り、これに積極的に応える努力の中でクラブとして成長を成し遂げられました。誠にご同慶にたえません。
御厩会長はこの10周年をクラブの大きな節目としてとらえ、本年度のクラブ目標に総力を挙げて取り組むことを掲げておられます。特に本年度、ひたちなかロータリークラブがロータリー財団年次寄付におかれまして“ポール・ハリス・フェロー100%達成クラブ”の偉業を成し遂げられましたことはRI第2820地区の名誉であり、誇りであります。
今日迄の間、明るく住み良い地域実現のため、職業奉仕、社会奉仕をはじめ、数々の奉仕活動に取り組んでこられ、ロータリー奉仕に多大の貢献をしておられます。貴クラブのこのような発展と業績は歴代の会長・幹事様はじめ、ひたちなかロータリークラブの会員の皆様がロータリーの理念のもと一体となって親睦と奉仕に取り組んできた結果であり、そのご努力とご苦労に対しまして敬意を表するところであります。
「継続は力なり」と申しますが、2004−2005年度ロータリー創立100周年にあたります。この記念すべき年度に10周年を迎えることは、誠にもって感動的であります。この式典のご盛会をお祈りするとともに、新しいロータリー101年の世紀に向かって過去の成功と自己満足ではなく、現在の困難への新たな危機感を持ってロータリーを祝おうではありませんか。そしてひたちなかロータリークラブの過去から現在までの10年の経験と重みを十分に活かして、ロータリー奉仕に取り組むことでロータリーを祝おうではありませんか。
貴クラブが一層の強化と充実に努められ、奉仕と友愛の輪を広げ、ロータリーの夢の実現に向けて更に発展されますことを心よりご祈念申し上げ、お祝いの言葉とさせていただきます。

以 上

 
BACK
 
▲TOP
Copyright (C) 2005 Hitachinaka Rotary Club. All Rights Reserved.